公演記録 | 井上バレエ団

公演記録トップ > 2008年7月公演
2008年7月 バレエ団創立40周年 財団設立25周年 井上博文没後20年記念公演
『 3 Choreographers + Peter Farmer 』
関直人振付- ■ピーター・ファーマー美術による「グラン・パ・エスパニョール」
セルジュ・リファール振付- ■「ヴァリアシオン」
オーギュスト・ブルノンヴィル振付- ■「コンセルヴァトワール」  ■「ジェンツァーノの花祭り」

井上バレエ団7月公演のお知らせ

 今年の7月公演は、バレエ団創立40周年、財団設立25周年、そして井上博文没後20年という節目を迎えての記念公演です。
 井上博文の好みが強く打ち出された、第一回の「井上博文によるバレエ小劇場」から小の字がとれ、51回以降は、「井上バレエ団公演」として公演活動を続けてきました。1988年2月には、井上が急逝し、その後を引き継いで関直人、岡本佳津子を軸にさらにバレエ団として充実してきました。
 今回は、井上バレエ団ならではの作品を見ていただきます。

 「コンセルヴァトワール」は、オーギュスト・ブルノンヴィルの作品です。原型は2幕もののバレエで、『コンセルヴァトワール、または新聞広告による結婚申し込み』という題名です。現在では第T幕のバレエ学校の場面だけが上演されています。ブルノンヴィルの師であったヴェストリスのクラスを再現しています。
 「ジェンツァーノの花祭りよりパ・ド・ドウ」はブルノンヴィルの作品の中では良く知られた小品で、コンサートなどでよく踊られる、若いカップルの初々しいパ・ド・ドウです。
 井上バレエ団で20年近くにわたってブルノンヴィルスタイルの指導にあたっている、デンマーク王立バレエ団のフランク・アンダーソンとエヴァ・クロボーグが今回も指導にあたります。

 「ヴァリアシオン」は井上バレエ団ではちょうど20年前に上演しました。井上博文が非常に敬愛していたセルジュ・リファールが、1953年に当時のオペラ座のエトワールたちのために作った作品です。ダルソンヴァル、ヴォサール、バルダン、ダイデ、ヴィルボバ、ラフォンの6人です。有名な『パ・ド・カトル』と同様に、6人のヴァリエーションには、初演のバレリーナの名前が残っています。
 リファールのアシスタントで、リファール作品の継承に力を注いでいたレオン・マイル女史が来日し、貴重な資料を基に振りを伝えてくれました。井上バレエ団で上演した後に本家のパリオペラ座でリバイバル上演されました。
 今回はリファールスタイルを正しく伝える為に、リファール作品を数多く踊って、その演技に定評のあり、井上バレエ団との縁も深いシリル・アタナソフを指導者として招きます。

 「グラン・パ・エスパニョール」は、『ドン・キホーテ』の音楽を使用していますが、ドン・キホーテやサンチョ・パンサなどは登場せず、キトリとバジルという若い二人の結婚を祝う、広場でのお祭りです。関直人の小品のなかではダンサー達にもっとも人気のある作品のひとつです。今回はバジル役にパリオペラ座のエマニュエル・ティボーを迎え、さらに改訂を加えました。華やかな祝宴が、記念公演にふさわしいバレエです。

 「グラン・パ・エスパニョール」の美術・衣裳を担当するピーター・ファーマーは、1977年の「白鳥の湖」以来、井上バレエ団のレパートリーの数々を美しく飾っています。彼の美しい色使いが、今回も楽しみです。

 ゲストダンサーには、昨年の7月公演の「眠りの森の美女」で島田衣子と素晴らしいパートナーシップを見せてくれた、パリオペラ座のエマニュエル・ティボー、ブルノンヴィルの作品には、美しい足捌きと高い演劇性を見せる、デンマーク王立バレエ団のトーマス・ルン、若手のセバスチャン・クロボーグの3人を迎えます。
 藤井直子、島田衣子を始めとして、鶴見未穂子、宮嵜万央里、小絵美子、西川知佳子、田川裕梨、田中りなといった現在どんどん成長中のダンサーたちが大活躍します。

公演情報
日時2008年7月12日(土) 午後6時開演 (5時15分開場)
2008年7月13日(日) 午後3時開演 (2時15分開場)
場所文京シビックホール・大ホール
出演藤井直子、島田衣子、井上バレエ団
特別ゲストエマニュエル・ティボー (パリオペラ座)
トーマス・ルン(デンマーク王立バレエ団)
セバスチャン・クロボーグ(デンマーク王立バレエ団)
主な配役
コンセルヴァトワール12日13日
2人の女生徒島田 衣子宮嵜万央里小絵美子、田川裕梨
バレエマスタートーマス・ルン
4人の男子生徒S.クロボーグ、荒井成也、横関雄一郎、秋元康臣
ジェンツァーノの花祭り12日13日
西川知佳子田中りな
セバスチャン・クロボーグ
ヴァリアシオン12日13日
ダルソンヴァル田中りな西川知佳子
ラフォン田川裕梨
バルダン鶴見未穂子
ボサール宮嵜万央里
ダイデ小絵美子
ラフォン藤井直子
グラン・パ・エスパニョール12日13日
キトリ島田衣子
バジルエマニュエル・ティボー
キトリの友人藤井直子
友人たち宮嵜万央里西川知佳子、田川裕梨、田中りな
街の人々鶴見未穂子小絵美子、他
街の若者横関雄一郎、秋元康臣、他
出演者
藤井 直子島田 衣子   
鶴見未穂子鈴木 麻子横山 美樹福沢真理江綱島 郁子
宮嵜万央里小絵美子   
鈴木 直美西川知佳子小西  優吉本奈緒子田川 裕梨
田中 りな大島 夏希瀬木 陽香長谷川 園高村明日賀
蜂谷 咲衣佐藤 悠佳菅野やよひ宮仕  幸松田多恵子
宮内 恵子速水 樹里大長紗希子渡辺恵梨奈 
加藤 健一    
古谷 幸子仲秋 亜実野澤 夏奈越智ふじの間宮 朋加
長谷川恵子山田 和実岡崎 佐紀井野口美沙鳥海 那月
井上 陽集中尾 充宏原田 秀彦荒井 成也横関雄一郎
秋元 康臣    
武中 志門近藤 悠歩   

エマニュエル・ティボートーマス・ルンセバスチャン・クロボーグ
制作スタッフ
芸術監督関 直人
振付 (グラン・パ・エスパニョール)関 直人
振付 (コンセルヴァトワール、
ジェンツァーノの花祭り)
オーギュスト・ブルノンヴィル
振付 (ヴァリアシオン)セルジュ・リファール
再振付・指導(ブルノンヴィル作品)フランク・アンダーソン、エヴァ・クロボーグ
再振付 (ヴァリアシオン)レオン・マイル
スーパーヴァイザー (ヴァリアシオン)シリル・アタナソフ
美術・衣裳(グラン・パ・エスパニョール)ピーター・ファーマー
衣裳 (ヴァリアシオン)リラン・アルフェルト
美術監修橋本 潔
照明古賀 満平
舞台監督相馬 勝己
音楽監督・指揮堤 俊作
演奏ロイヤルメトロポリタン管弦楽団
衣裳製作柊舎
大道具俳優座劇場舞台美術部
装置 (コンセルヴァトワール)デンマーク王立バレエ団
公演監督岡本佳津子
事務局諸角佳津美
制作(財)井上バレエ団
後援デンマーク大使館、(財)日仏会館
共催(財)文京アカデミー